過去の収入について

マイナンバーが施行された事によって、これまでデリヘルをはじめとする風俗やキャバクラなどの水商売で働いていた方は、過去に確定申告していなかった分が脱税にならないか心配になる方もいらっしゃると思いますが、実はマイナンバー自体は過去の脱税には効果がありません。

過去の支払調書などには、マイナンバーの項目がありませんので、その状況からデリヘルなどの風俗で稼いでいる方や、キャバクラなどのお水業界と呼ばれる所で働いていた方の脱税を見分けるのは難しいからです。

しかし、これは多分しないだろうというだけです。全国にいる風俗嬢やキャバクラ嬢の個人の納税環境などをしっかりと確認するような事があれば、それだけで莫大な時間が取られてしまいますので、過去の収入に対しては行わないだろうという推測の物に考えられた結論です。

もし、仮に今後行政が本気を出せば、納税しなければいけなくなる可能性は否定できません。とりあえず2016年からは、しっかりと確定申告を行う事をおすすめします。確定申告の方法はホームページに記載されていますし、自分のエリアで行われている確定申告の会場に行けば、係員の方が確定申告を行う方法を丁寧におしえてくれますので安心です。